パチスロ天井やゾーン情報!立ち回りに必要な情報配信サイト

パチスロ天井やゾーン情報!立ち回りに必要な情報配信サイトです。ぱちんこの最新台情報なども紹介していきます。

パチスロで負けないための立ち回りとは?

パチスロで負けないための立ち回りについてここでは紹介していきます。パチスロで負けたくないなら、自分のルールを作りましょう。そして相性の良い台を自分で知っておくことも大切です。

 

オカルトと言われるかもしれませんが、相性や自分の引きをしっかり理解しておくとパチスロでは負けにくいです。どんなにすごいプレミア役を引いても、引きが悪ければ、300枚で終わることだってあります。

 

必ず、自分の引きを意識するようにしておきましょう。自分の引きを考えた立ち回りをすることで、より勝率をあげることができます。もちろん、適当に台を選び打つと引きが良くてもまけるので、適当に台を選べというわけではないです。

 

私のパチスロの立ち回りは天井とゾーン狙いの二つです。ごくたまに、高設定ぽいジャグラーに座ることもありますが、基本はART機かAT機をねらいます。

 

ちなみ、天井狙いをする人で期待値を見て狙っているひともいると思いますが、期待値は自分で出すようにしましょう。

 

自分の中の実践での経験をもとに狙うこともおすすめします。ただ、打つ台がない場合は、期待値がプラスの台があれば、それをねらってもよいと思います。

 

打つ時の注意点ですが、マイナスのイメージを持って立ち回りましょう。例えば天井狙ってる間に、フリーズが引けるかもしれない?とかそういう風に、確定していないことを想定して、ねらうのはやめましょう。あくまでも、絶対に当たるところをねらいましょう。

 

 

または、ゾーンで30%や50%の振り分けが高いところをねらうようにしましょう。期待値がプラスの台を座れば基本的に負けにくくなりますが、相性の悪い台をねらうと結構負けることがおおいと個人的には思っています。

 

パチスロで負けたくない人は、まず1つ自分の立ち回りを持つようにしましょう。そうすれば、今よりも負ける可能性は低くなります。まだ、自分の立ち回りが見えていない場合は、低貸しの5円スロットや2円スロットなどをして、自分の感覚を身に着けることをおすすめします。

 

まずは、自分のギャンブルの感を鍛えることが重要だと私は考えます。

 

すいません。初めてパチスロを打つ人が読んだら、わけがわからないよ!ってなるとおもうので、天井や期待値については別の記事にまとめて書きます。

 

とにかく!勝ちたい人は、自分のたちまわり、自分ルールをつくることをおすすめします。もちろん最低限の打つ機種の情報は必ず覚えておきましょう。

 

結局のところ、知らない人は負けるのがパチスロです。なるべく情報収集をしましょう。